知っておくと便利なPBRとPER、ROEの密接な関係

関係式株式投資の際によく使われる指標に、PBR、PER、ROEがありますが、この3つには密接な関係があります。

今回はこの便利な関係式と、実際の使い方の例をご紹介します。

PBRとPER、ROEの関係

関係式とその成り立ち

PBRとPER、ROEの関係式は以下の通りです。

PBR=PER×ROE

とても簡単です。

一応理屈を説明します。

P:株価、 BV:一株当たり純資産、 E:一株当たり利益

とします。

すると、各指標は以下のように表せます。

PBR=P/BV

PER=P/E

ROE=E/BV

これを、上記のPBR=PER×ROEに当てはめると、

P/BV = P/E × E/BV

となり、右辺のEが分子分母で消えるため、両辺が等しくなります。

使用例

使い方の例です。

ここではPBRを基準に考えてみます。

PBR=PER×ROEという式の意味するところの1つは、PBRはPERとROEに分解できるということです。

ここで、A社、B社ともにPBRが3倍とします。

また、PERとROEは以下のようであったとします。

A社⇒PER:30倍、ROE:10%

B社⇒PER:10倍、ROE:30%

両者ともPBRは3倍で高い水準ですが、PERとROEに分解してみると、A社の高いPBRは高いPERからもたらされていて、一方のB社は高いROEによって高いPBRがもたらされていることがわかります。

このように分解することで、各指標の意味を深堀することができます。

上記の例でいうと、例えばバリュー投資を行う人にとっては、A社よりB社の方が好ましいという結論になるかもしれません(PERが低いので)

2つの要素からもう1つの要素を瞬時に推測できる

PBR=PER×ROE

この式が更に便利なのは、2つの要素が分かれば残りの要素も瞬時に推測できることです。

例えば、PBRが高くてROEが低い銘柄があった場合、瞬時にPERは高いということがわかります。

このようにとても使い勝手のいい式なので、株式投資をされる方は頭の片隅に置いておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA