日本債券への投資について

calculator---financial_19-128634

現在日本国債は投資対象ではなく、過去に投資も行っていません。

私が日本債券へ投資を行わない理由は以下の2つです。


①金利が低すぎる
現在の日本国債の長期金利は0.3%程度と雀の涙のような水準です(安価なインデックスファンドのコストと間違えそうです)

この金利水準ではまったく投資する気がおきません。利回りがほぼ0でも機動性の高い銀行預金でいいのではと思えてしまいます。
以下のグラフは過去30年間の長期金利の推移です(出所は「実戦住宅ローン」さんのホームページ)

過去の5%、6%の利回り水準の頃であれば十分リターンを狙った投資に値したと思われますが、現在の水準では触手が動きません。
30kokusai

②金利上昇リスクが大きい
例えば、eMAXIS 国内債券インデックスファンドのデュレーションは8.2年です(eMaxisの10月の月次報告書より)

これはざっくりいうと金利が1%上がると債券価格が8.2%くらい下がることを意味します。

今後今の超低金利状態がどのくらい続くかはわかりませんが、将来的にこれだけの金利上昇リスクを負いながら、利回りが0.3%(ファンドに投資するとさらにここからコストが引かれる)というのは割に合わないと考えています。

(※注)債券に詳しいかたは、ロールダウンの効果やコンベクシティ等他にも影響を与える要因を気にされるかもしれませんが、ここでは簡略化していることをご了承ください。

まとめると、期待リターンが非常に低くかつ、かなりの金利上昇リスクを負っている現状では投資する気が起きないということです。

ただし、個人向け国債の変動型については、金利上昇リスクを負わない商品設計になっていますので投資するのであればこちらの方がベターかなと思います。

その代わり購入後1年間は解約できない、中途解約時にはペナルティとして幾分の利回りが差し引かれるという扱いにくい部分もあるため、注意が必要です(詳しくはネットで調べてみてください)

↓ランキング参加中です。応援(クリック)お願いします!
=>今何位?【株ブログランキング】
=>今何位?【金融投資ブログランキング】
=>今何位?【FC2人気ブログランキング】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA