新興国債券へ投資する際のポイント(現地通貨建てとドル建て)

新興国債券への投資を考える際には、2種類の債券が存在することを知っておく必要があります。
1つは現地通貨建ての債券で、もう一つは米ドル建ての債券です。

ここでは新興国債券へ投資する際に知っておくべきことをご紹介します。

2種類の新興国債券

現地通貨建て新興国債券

現地通貨建ての債券とは、債券をその国の通貨で発行しているものを指します。

例えば、ブラジルであればブラジルレアル建ての債券となります。

ここで重要なのは、この債券に投資する際にはブラジルレアルという為替のリスクも内包されているということです。

要するにその国の債券と通貨両方のリスクをとっているのが現地通貨建て債券となります。

米ドル建て新興国債券

一方で米ドル建て債券はこれとは異なる特徴を持ちます

ブラジルの例でいくと、ブラジル政府が発行した債券という点では同じですが、通貨を米国ドル建てで発行しているという点が異なります

つまり債券部分はその国のリスク、通貨部分は米ドルのリスクとなります。

なぜ2種類の債券が存在するのか

このように債券部分と為替部分が異なる金融商品が存在するのには歴史的な背景があります。

かつては新興国の為替は非常に脆弱で、投資家からすると非常にリスクが高いと考えられていました。
(1990年代のアジア通貨危機が代表的な例ですね)

そのため、なんとか投資家に自国の債券を買ってもらう(資金を調達する)ために、信用力の高い米ドル建てで債券を発行するというのがかつての新興国の慣習でした。

しかしながら、2000年代に新興国は大きな成長を遂げ、投資家からの信頼も得られるようになり、徐々に自国通貨建てで債券を発行するようになりました

ですので、トレンドとしては自国通貨建ての債券が年々増えては来ていますが、やはり米ドルの信用力は大きいので、依然として米ドル建てでの発行も行っているというのが今の状況です。

具体的なファンドでいうと、例えば三井住友トラストアセットのSMTシリーズでは、

・SMT 新興国債券インデックス・オープン
が現地通貨建ての債券で

・SMT 米ドル建新興国債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)
が米ドル建ての債券となります(名前に入っていますね)

また、各国により現地通貨建て、米ドル建ての発行額は異なりますので、当然両インデックスの構成比率も異なるものになります

新興国債券へ投資する際は、その債券がどのようなリスクを内包していて、インデックスはどのような構成になっているかを把握しておくことをおすすめします。

ドル建てと現地通貨建てではリスクが違う

同一の国が発行した債券の場合でも、「ドル建て」と「現地通貨建て」だと投資家から見たリスクが異なります。

米ドルは世界で最も信用力の高い通貨のため、もし利回りが同じであればすべて資金はドル建ての債券へ流れてしまいます。

そのため、一般的にはドル建ての債券より現地通貨建ての債券の方が利回りが高くなっています(為替リスク分のプレミアムが乗っているわけですね)

ただ、ここ数年は新興国の信用度が上がってきているため、「ドル建て」と「現地通貨建て」でそれほど利回りの違いは大きくなくなってきています
(むしろ財政収支という観点からすると、昨今は先進国より新興国の方が優等生です)

また、「ドル建て」と「現地通貨建て」では、後者の方がリスクが必ず高いかというと一概には言えない部分もあります。
例えば、「ドル建て」で債券を発行した場合、借金の返済は当然「ドル」で行うことになります。

ところが、このドルが強くなってしまうと、債券の発行国からすると実質的にドル建てで支払う借金が膨れあがてしまうことになります。その結果、借金の返済が厳しくなり、最悪の場合デフォルトする可能性も出てきます。

米国の利上げが意識されはじめてから、ドルが買われると同時に新興国の株式や債券が売られましたが、その背後にはこういう事情も影響していると考えられます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA