各資産の基本配分比率(アセットアロケーション)を決める手順と問題点

金融

リターンの約9割は資産配分により決まると言われています。

つまり、各資産の基本配分比率をどうするかというのはとても重要な決定事項です。

ここでは、ポートフォリオの基本配分比率を決めるためのオーソドックな方法をご紹介します。

基本配分比率を決める手順

基本配分比率を決める方法はいくつかあると思いますが、以下のような方法がオーソドックスなのではないでしょうか。

  1. 投資対象資産を決める
  2. 許容できるリスクを決める
  3. 対象資産の期待リターン、リスク、相関係数を決める
  4. 許容できるリスクに対し、期待リターンが最大となるポートフォリオを計算する

順番に説明します。

1、投資対象資産を決める

まずは投資対象資産を決めましょう。

日本株と債券だけなのか、外国株式も含めるか、新興国株式も含めるかなど、いろんな組み合わせがあります。

一般的には投資対象が多いほど、運用の効率は高くなると言われています(ブレス(投資機会)が増えるため)

2、許容できるリスクを決める

自分がどのくらいのリスクを許容できるのかを決めましょう。

年率10%なのか、5%なのか、このあたりの感覚は個々人の取れるリスク量によります。

例えば、リスクが年率10%であれば、1年間での損失が20%くらいまではなりうるという感覚でいいのではないかと思います(2σのイベントを仮定、期待リターンは無視)

3、対象資産の期待リターン、リスク、相関係数を決める

1で決めた投資対象資産の、それぞれの期待リターン、リスク、相関係数を決めましょう。

もしよくわからなければ、年金基金などが出している数字などを参考にすればいいでしょう。

株式・債券の期待リターンはどの程度か(GPIF2014年版)
株式・債券の期待リターンについて、前回に引き続き今回はGPIFの平成26年版です。

ネット上を探せば数字は転がっています。

4、許容できるリスクに対し、期待リターンが最大となるポートフォリオを計算する

3までで準備は終わり、ここでいよいよ基本配分比率を求めます。

インプットは3で求めた各資産の期待リターン、リスク、相関係数で、2で決めた許容できるリスクに対し、期待リターンが最大となるポートフォリオを計算します。

例えば、許容リスクを10%とするなら、リスク10%で期待リターンが最大となるポートフォリオを計算することになります。

このような計算をするには最適化が必要ですが、エクセルのソルバーなどを使えば簡単に答えを出してくれます。

これで、理屈上は基本配分比率(ポートフォリオ)が求まることになります。

この手順で基本配分比率を求めても必ずしもうまくいかない

以上が基本配分比率を求める具体的な手順になります。

おそらく教科書的にスタンダードなやり方で、手順としてもそれなりに説得力がありそうなものですが、実はこのやり方でやってもなかなかうまくいかないことが多いです(既にやられたことのある方は経験があるのではないでしょうか)

ではなぜこのやり方がうまくいかないのでしょうか、どこに問題があるのでしょうか、それを以下では紹介していきます。

(問題があるにしろ、ここで書いたような手順は知っておいて損はないと思います)

基本配分比率を決める手順の問題点

上記の方法で、理屈の上での基本配分比率は求まるのですが、実際にやってみるとうまくいかないことが多いです。

よくあるパターンとしては、ポートフォリオが偏ってしまうというものです。

例えば、6資産を投資対象としているのに、2資産のみのポートフォリオが出来上がってしまったなど。

こうなってしまう背景としては、インプットの値に優劣があるからなのですが、ではインプットを修正して再度最適化計算をすると、今度は違った資産で偏りが見られるという状態がよく発生します。

要は最適化計算というのは、ほんのわずかでも有利な資産を、極限まで入れようとするため、インプットにわずかな違いしかなくても、そのわずかな違いによって結果が大きく異なってしまうという問題を孕んでいるいるわけです。

ではこの偏りに対処するために、例えば各資産が最低10%以上含まれるようにするといったような条件を加えて計算することも可能ですが、条件を加えるほどにインプットの情報が失われてしまうので、結局何をやりたかったのかよくわからなくなってしまいます。

簡便的な基本配分比率決定方法

このように最適化計算というのは、言葉だけ聞くとなんだかすごいことをやっているような気がしますが、実際のところこのような問題があるため、それほど使い勝手がよくありません。

個人投資家であれば、実際に基本配分比率を決める際には、許容できるリスク量に収まるある程度資産分散の効いたポートフォリオを選ぶか(つまり、期待リターンは使わない)、もしくは期待リターンをターゲットにして、そのリターンを達成するためのある程度分散されたポートフォリオを選べばそれで十分のような気がします。

リスクよりもリターンの方が不確実性が高いため、個人的には前者のリスクをベースにポートフォリオ(基本配分比率)を決めることをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA