分散投資は大切だが、大きなリターンを狙うには集中投資も必要

集中投資と分散投資投資において、分散投資は重要だと言われています。

「卵を一つの籠に盛るな」という格言が示唆するように、投資対象を分散することでリスクを和らげることができます。

一方で、大きなリターンを狙うには集中投資も必要であるという考えもあります。

ここでは、この分散投資、集中投資について考えてみます。

分散投資の意味

当時博士課程の学生であったハリーマーコビッツが1952年に発表した論文「Portfolio Selection」により、値動きの異なる(相関が1ではない)証券を組み合わせることにより、ポートフォリオ全体のリスクが低減されることを示しました。

現在では当たり前となっているこの分散投資の考え方も、発表された当時はその革新性からあまり評価されませんでした(しかしながら後にノーベル経済学賞を受賞)

さて、投資においてよく使われるこのリスクという言葉ですが、これは損失の可能性を表す言葉ではありません。あくまでその証券の値動きの大きさ、激しさを表すものです。

そのため、分散投資によりリスクを低減するということは、損失の可能性を減らすと同時に、大きな収益の可能性も減らすということを意味しています。

つまり広く分散投資をするということは、価格の下落を低減すると同時に価格の上昇可能性も放棄していることになります。

集中投資の必要性

著名な投資家であるウォーレン・バフェットは、分散投資について以下のように述べています。

私たちの投資手法では、分散投資の考えに従いません。そのため、私の投資は多くの投資家よりもリスクが高いと言われています。

しかし、投資する事業を深く理解し、それが経済的に見て割安だと納得したうえで投資するのであれば、集中投資することでリスクを減らせます。投資とはそうやって行うべきなのです。

バフェットの考えによると、自分の理解できない事業に投資することがリスクなのであり、深く理解し、割安な株式に集中投資することはリスクではなく、むしろリスクが小さい投資なのだとしています。

おそらくここでバフェットが述べているリスクは、損失可能性という意味で使っており、投資対象をきちんと理解することにより損失可能性は減らせるということを述べているのだと思います。

さらに、一般的な意味でいうリスクは価格の下落だけでなく上昇も含めているため、この定義に当てはめると、きちんと理解した投資を行うことにより、下落リスクを抑え、上昇リスクを享受できるという意味合いにも捉えることができます。

分散投資と集中投資の組み合わせを推奨

バフェットのいうように、十分な確信度をもって魅力的と思われる投資対象に対しては、大きなポジションを取るのが適切であるという考えは個人的にも共感できます。

やはり大きなリターンを狙うには、時にはそれ相応のリスクを取ることも必要です。

一方で、十分な確信度のある投資機会というのは一般的にはなかなかあるものではありません(バフェットですらなかなかないと述べています)

そのため、平常時においてはある程度の分散投資でそれなりのパフォーマンスを狙い、強い確信度が持てる時に集中投資を行うというスタンスが個人的にはよいのではないかと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA