ビジネスマンの三種の神器(金融、IT、英語)は実はセミリタイアと相性が抜群

グローバルビジネスマンの三種の神器と言われるものに、金融、IT、英語があります。

この3つ、実はセミリタイアととても相性がいいと思われます。

ビジネスに活かし、セミリタイアにも活かす、そんな素敵なスキルかもしれません。

金融、IT、英語とセミリタイアの関係

金融

金融知識が豊富にあると、悪質な金融マンに騙されることもなく、良質な金融資産を購入することができます。

良質な金融資産は資産形成に役立ちます。

また、余計な金融商品を買うこともなくなるので出費も減らすことができるかもしれません。

当然資産形成はセミリタイアへの近道ですから、金融を理解し家計をコントロールすることはセミリタイアへ近づくことになります。

IT

現在はほとんどの場所がインターネットで繋がっています。

そのため、ITスキルがあればいろんな場所で仕事をすることが可能です。

ネット環境さえあれば国内のみならず、海外でも問題ないでしょう。

好きな場所で好きなように仕事をする、そんな夢のような生活が送れるかもしれません。

英語

セミリタイアした後、必ずしも日本に居続けるとは限りません。

世界の好きな場所で生活する自由があります(もちろんルールの範囲内で)

そんな時、グローバルな言語である英語は強力な助けになります。

また世界各国を旅するような場合でも、英語力があれば旅はよりスムーズにかつ中身の濃いものになるでしょう。

ビジネスとセミリタイアの一石二鳥を狙う

このように実はビジネスマンに求められる三種の神器と呼ばれるスキルはセミリタイアにかなり役立つのではないかと考えられます。

ビジネスにも役立てながら、セミリタイアでも活用できる。

まさに一石二鳥じゃないでしょうか。

そんなことを考えると、ここに挙げたようなビジネスマン的なスキルを身に着けるモチベーションに繋がるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA