【5月11日基準】インデックスファンドのパフォーマンス比較(日本債券)

資産運用

インデックスファンドの評価は一般的にはトラッキングエラーでなされます。

トラッキングエラーとは、ファンドとベンチマークのパフォーマンスのブレの大きさのことです。

このトラッキングエラーが小さいほど、よくベンチマークに追随しているということになるため、インデックスファンドとしては評価が高くなります。

一方で、投資家が求めているものは必ずしもトラッキングエラーの小ささではありません。

インデックスファンドは透明性が高い反面、売買のタイミングが分かりやすく、銘柄入れ替えなどを狙ってトレードが行われ、ベンチマークそのもののパフォーマンスが歪んでしまうことがあります。

このような状態を回避するために、売買タイミングをずらすなどの工夫をすることで、トラッキングエラーは大きくなるものの、トータルのリターンを上げようとするファンドも存在します。

つまり、トラッキングエラーは重要な指標であるものの、投資家にとってはトータルリターンの方がより重要であると言えます。

ベンチマークに完璧に追随してパフォーマンスがいまいちなファンドより、多少トラッキングエラーがあろうとも、トータルリターンの高いファンドの方が投資家的にはうれしいはずです。

このような目的意識から、ここではインデックスファンドのパフォーマンスの比較をご紹介します。

日本債券インデックスファンド

基本情報(設定日、純資産、コスト)

ファンド名 会社名 設定日 純資産
(億円)
信託報酬
(%)
ニッセイ ニッセイAM 2015/01 61 0.139
eMAXIS Slim 三菱UFJ国際 2017/02 15 0.139
たわら アセマネOne 2015/12 46 0.14
iFree 大和投信 2016/09 1 0.14
Smart-i りそなAM 2017/08 0 0.14
三井住友DC 三井住友AM 2002/01 608 0.16
iシェアーズ ブラックロック 2013/09 8 0.27
インデックスe 三井住友TAM 2010/04 20 0.37
SMT 三井住友TAM 2008/01 166 0.37
Funds-i 野村AM 2010/11 35 0.4
eMAXIS 三菱UFJ国際 2009/10 136 0.4

短期パフォーマンス比較(1日~3か月)

ファンド名 1日 1週間 1か月 3か月
ニッセイ 0.00% -0.04% -0.15% +0.44%
eMAXIS Slim 0.00% -0.05% -0.16% +0.46%
たわら +0.01% -0.04% -0.15% +0.46%
iFree +0.02% -0.04% -0.15% +0.46%
Smart-i +0.01% -0.04% -0.16% +0.45%
三井住友DC +0.01% -0.04% -0.15% +0.47%
iシェアーズ +0.02% -0.05% -0.18% +0.39%
インデックスe +0.01% -0.04% -0.18% +0.40%
SMT +0.01% -0.05% -0.18% +0.41%
Funds-i +0.01% -0.04% -0.17% +0.39%
eMAXIS +0.01% -0.04% -0.17% +0.39%

中長期パフォーマンス比較(6か月~5年)

ファンド名 6か月 1年 3年 5年
ニッセイ +0.34% +0.63% +4.69%
eMAXIS Slim +0.37% +0.70%
たわら +0.36% +0.68%
iFree +0.37% +0.70%
Smart-i +0.31%
三井住友DC +0.37% +0.70% +4.81% +9.08%
iシェアーズ +0.22% +0.38% +3.63%
インデックスe +0.24% +0.43% +3.94% +7.64%
SMT +0.24% +0.46% +4.06% +7.81%
Funds-i +0.23% +0.44% +3.97% +7.61%
eMAXIS +0.23% +0.43% +3.92% +7.58%
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする