若くして理想的なセミリタイア生活を送っていたアメリカ人英会話講師の話

リゾートでリタイア昔英会話教室に通っていたとき、あるアメリカ人講師に出会いました。

彼は若くしてセミリタイアと呼べるような生活を送っていました。

当時の私にとって、それはまさに理想を絵に描いたような生き方でした。

世界を自由に旅しながら気が向いたら働く

彼はアメリカ生まれで、当然英語はペラペラなので、その英語力を活かして日本で英会話講師をしていました。

しかしながら、彼には別の一面がありました。

それは好きな時に好きなように世界を旅するという冒険家だったのです。

英会話講師というのは旅に飽きて少しお金を稼ごうというときに行っていたものであり、ある意味好きなときに好きなだけ働いていました。

なぜこのようなことが可能なのか?

それは英語を学びたいという需要が常に存在し、英会話講師は英語を話せるというだけでニーズがあったからです。

単価も高いため、短い時間・期間であってもそれなりに稼げます。

また、日本だけでなく、気が向けば韓国や中国といった英語学習のニーズの強い国へ行き、より多く稼ぐこともできるかもしれません。

その頃彼は30代でした。

英会話講師として優秀だったかどうかよく覚えていません。

少なくとも誇りをもって講師をしているような人ではありませんでした。

ただ彼の話すことはいつも刺激的で破天荒で、気が付くとその内容に引き込まれていました。

アマゾンで危ない目にあったとかどっかの島でとんでもない魚を釣り上げたとかどっかの遺跡の何とかという場所がとんでもなく綺麗だとか。

話のネタは尽きることがなく、聴いていて飽きることはありませんでした。

そして自分の意思に赴くままに生きているせいなのか、それとも生まれつきなのかわかりませんが、いつも活き活きしていて魅力溢れる人物でした。

そんな彼を見て、いつか自分もああいう生き方ができるようになったらいいなあととても彼をうらやましく思っていました。

まさに自分の理想を現実でいっているような生き方だったからです。

そんなある日、突然担当の講師が変わりました。

そう、彼は再び旅に出て行ったのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA