格安SIM選びのポイント

a0002_001588

前回のエントリーで格安SIMへ変更したことを書きましたが、では実際に格安SIM業者を選ぶにあたってどのような比較を行ったのかをご紹介します。

格安SIMを選ぶ際のポイント

選ぶ際のポイントは様々だと思いますが、私の場合以下の4点について比較を行いました。

  1. 価格
  2. 通信速度
  3. キャンペーン
  4. オプション

それぞれ説明していきます。

①価格

価格に関しては、正直どこの業者もほぼ差がないです。せいぜい数百円の差で大手キャリアもびっくりの横並びでした。ですので選定にあたっては、価格は重要な要素とはなりませんでした。

②通信速度

通信速度に関しては、どうやら業者によって差があるというのがいろいろ調べてみてわかったことです。例えば、IIJは通信速度が速く安定しているという評判を何度か目にしました。

しかしながら、通信速度に関しては業者がどの程度設備投資をしているかに依存している部分があり、現在速度が速いといわれていても、将来もそのクオリティが保証されているわけではありません。

また、特定の業者に申し込みが殺到するようなことがあれば、通信回路をシェアする人数が増える分速度は遅くなると考えられます。

このように、通信速度に関してはあまり気にしてもしょうがないかなと思えたので、選ぶための重要な要素にはなりませんでした。

ちなみに私が契約したBIGLOBEに関しては、かつては通信速度がいまいちという評判があったようですが、今年に入ってから設備投資を行ってバックボーンを強化し、だいぶ速度が改善されたという話を耳にしました。

③キャンペーン

格安SIM業者は契約者を増やすため、様々なキャンペーンを行っています。この内容は多岐にわたっており、現金やポイントのキャッシュバックを行っている業者もあれば、通信量を増やすキャンペーンを行っている業者もあります。

私の場合、格安SIMを契約しようとしたときに、特にDMMと楽天とBIGLOBEが大きなキャンペーンを行っていたので、この3社を有力候補としました。

④オプション

オプションとは、各業者が用意している追加的なサービスのことです。

私が格安SIMにするにあたって懸念していた点は、通話をある程度行うと結局はトータルで携帯料金が高くついてしまうということでした。

というのは、基本的に格安SIMが提供するプランには無料通話分などは含まれず、通話をすると30秒につき20円かかってしまうからです。

もし仮に1時間通話をすると、2400円かかり、格安SIMの安さが薄れてしまいます。

そこでこの通話料を節約する方法はないかと探したところ、BIGLOBEでは「通話パック60」というオプションサービスがあり、

月650円で最大60分無料(専用アプリBIGLOBE電話を使用した場合)

という通話料の懸念を和らげてくれるプランであったため、最終的にはBIGLOBEと契約しました。

楽天でも専用アプリを使用すると通話料を抑えてくれるオプションもあったのですが、無料通話分をつけてくれるサービスがなかったため、BIGLOBEに軍配が上がりました。

まとめ

以上が私が格安SIM業者を選ぶに際して比較してきたポイントです。

まとめると、横並びの価格や現状があてにならなそうな通信速度は重視せず、そのときに行われていたキャンペーンのお得度と、通話料金を抑えてくれるオプションサービスが決め手になったという感じです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA