セミリタイア後のポートフォリオ案

セミリタイア

今回はセミリタイア後のポートフォリオを考えてみます。

これまでに各資産の期待リターンとセミリタイア時に必要な額を算出してきましたが、ここではそれらの数字をベースに、実際にセミリタイア後のポートフォリオ案を考えてみます。

前提条件

各資産の期待リターン

各資産の期待リターンはこれまで算出してきた数字を使います。

株式・債券・REITの期待リターン、シャープレシオまとめ(GPIF版)
前回の「株式・債券・REITの期待リターン、シャープレシオまとめ」の続きです。

ここで再掲します。

  コスト控除後
期待リターン
国内債券 1.2%
国内株式 4.7%
外国債券 2.0%
外国株式 5.5%
J-REIT 4.7%
外国REIT 5.5%
新興国債券 4.0%
新興国株式 7.5%

セミリタイア後の収益

セミリタイア後は投資収益のみで生活するとします。

この際に必要なおおまかな額は以下の記事で算出しています。

いくらあればリタイアできるか
セミリタイアを目標とするものの、実際一体いくらくらいあればリタイアできるのか試算して...

この記事では、最低5000万、できれば1億欲しいというのが結論ですので、ここでは5000万の場合と1億の場合の2パターンのポートフォリオを考えます。

セミリタイア資金1億円のポートフォリオ

セミリタイア時の資金が1億円の場合、必要な収益率は3~5%程度です(過去の記事より)

上記の期待リターンをベースに、3~5%の収益となるポートフォリオを考えます。

期待リターンとリスク、相関係数があれば、リスク・リターンの観点から最適なポートフォリオを算出できますが、ここではそんな複雑なことをせず、資産分散を図りながら目的の収益を達成するポートフォリオをざっくり考えます。

以下が資金1億円のポートフォリオ案になります。

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin


Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

このポートフォリオの期待リターンは3.8%です(コスト控除後)

特定の資産に集中することなく株式、債券、REITにバランスよく配分し、地域の分散も効いており、それなりに安心できるポートフォリオではないでしょうか。

セミリタイア資金5千万円のポートフォリオ

資金5千万の場合、目標とする収益は5~8%です。

そのため、1億の場合に比べ、かなりリスクをとったポートフォリオにする必要があります。

以下が5千万の場合のポートフォリオ案です。

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin


Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

このポートフォリオの期待リターンは5.9%です(コスト控除後)

やはりこれだけの期待リターンを得るには、それなりにリスクをとる必要があります。

地域はそれなりに分散されていますが、資産別では債券はなく、株とREITのみです。

このポートフォリオだと、そこまで安心できず、セミリタイア後もハラハラしそうです。

セミリタイア後にマーケット変動のリスクから逃れるには、やはりそれなりの資産が必要ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA