是非読んで欲しい記事5選

a0002_011891_m前回はこれまでに読まれた記事トップ5を紹介しましたが、今回は私が個人的に読んで欲しいと思っている記事を5つ紹介します。

これまでの人気記事トップ5
今年11月からブログを始め、これまで50数本の記事を書いてきました。

前回の読まれた記事トップ5を見て、読まれている記事と自分が是非これを読んでほしいという記事にはギャップがあることがわかりました。

そこで、今回はこれまでの記事の中から、特にぜひ皆様に読んで欲しいとの思いで書いた記事5つと、各記事に対するコメントをご紹介します(特に順位はつけていませんので順不同です)

過去の失敗(日本株アクティブファンド編)

かつて日本株式のアクティブファンドへ投資し、失敗した経験をわりと生々しく書いています。

インデックスファンドへの投資に傾斜するきっかけの1つにもなった経験です。

補足ですが、本記事はアクティブファンドそのものを否定するわけではなく、あくまで私のファンド選択能力が足りなかったのだと反省しています。

今でもアクティブファンドの選択能力はないと自覚していますので、現在は基本的にインデックスファンドへ投資しています。

新興国債券へ投資する際に知っておくべきこと

SMTシリーズやFunds-iシリーズのラインナップを見て、新興国債券ってドル建てと書いてあるやつとそうでないやつがあるけど、何がどう違うのだろうか、という人向けに書いた記事です。

新興国債券へ投資する際には、是非この違いは知っておいて欲しいと思います。

カンボジアの高金利預金はお得か

カンボジアのドル建て高金利定期預金に対するアンチテーゼです。

そんな面倒なことをしなくても、簡単に購入でき、解約も簡単にできる類似の金融商品があるじゃないかというのが趣旨になります。

新興国債券(ドル建て・為替ヘッジ)はミドルリスク・ミドルリターンの商品

新興国債券(ドル建て・為替ヘッジあり)は、残高も少なくあまり人気のない商品のようです。

しかしながら、個人的にはもっと評価されてもよい商品なのではないかと思っています。

ある程度リスクを抑えつつ、それなりのリターンを狙うというニーズにはマッチするのではないでしょうか。

だた、過去の運用状況を見ると、どうもインデックスに対するパフォーマンスの劣後度合がやや大きいようですので、この辺りは今後の改善に期待しています。

外国資産に為替ヘッジありで投資する3つの理由

この記事は唯一人気トップ5にも入ったものです。

為替リスクに対する考えは人それぞれですが、私はできるだけ避けたいリスクと考えています。

そのためヘッジコストが安いうちは、為替ヘッジありで投資を継続する予定です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA