昨今の株価下落を受けNISA口座がマイナスに。これを機にNISA恒久化を主張しよう

計算機昨今の株価下落を受け、気が付くとNISA口座の損益がマイナスとなっていました。

おそらく私以外にもNISA口座で損失が発生している人が多いと思われる現状を踏まえ、是非NISAの恒久化を主張しましょう。

NISA口座のデメリット

NISAのデメリットはなんといっても期間が5年と区切られており、期間終了時に損失が出ていても、損益通算ができないことにあります。

5年後に利益が出ていれば、非課税で利益を享受することができるのでNISA口座の魅力が発揮されるのですが、損失が出ている場合は、損益通算ができないため、他の利益が出ている資産や銘柄と抱き合わせて、節税することができないのです。

そういう意味でNISA口座で期間終了時に損失が出た場合は、特定口座で運用した方がましだったということになります。

また、私は5年という期間は恒久化されるものだという勝手な前提でNISA口座を使っていますが、もし仮に恒久化されないのであれば、NISA口座の使い方を考え直す必要があります。

5年という期間は決して長期とは言えないので、もし5年を前提にするなら、現在よりもう少し保守的に運用し、大きな上昇を狙うよりできるだけ負けない運用に変えていく必要があります。

いずれにせよ、いつNISAの恒久化が発表されるのかというのを勝手に待ちわびているというのが今日この頃の状況です。

損失の出ている今こそ恒久化を

例えば、NISAの現状の期間の5年終了時に今のようなマーケット状況であったらどうでしょうか。

主に株式で運用している方からすると、利益も出てないし損益通算もできないしNISAは使えない制度だったなで終わってしまうのではないでしょうか。

それこそ政治問題にもなりかねません。

マーケットは生き物です。いつ何時どのような動きをするのかは誰にもわかりません。

そのため、5年という期間で区切ってしまうのはとてもリスクの高い設定になります。

期間終了間際に暴落する可能性も大いにあるからです。

ですので、おそらくNISA口座の収益が苦戦している人が多いであろう今という時期にぜひ主張しておきいたいのです。

NISA口座を恒久化せよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA