外国債券(為替ヘッジあり)への投資について

Invest

前回の記事では外国債券(為替ヘッジなし)の紹介をし、為替ヘッジありとなしではかなり違う商品性になると述べましたが、今回は為替ヘッジありの場合の紹介になります。

結論を先に言ってしまうと、現在外国債券(為替ヘッジあり)には投資しておらず、過去にも投資をしていません


外国債券を為替ヘッジありで購入すると、その名の通り為替部分がヘッジされますので、為替リスクは排除され純粋に外国の債券のみへ投資したことになります。

ただし、ここで注意が必要なのは、ヘッジコストの存在です。

例えば米国債券へ投資し、その為替部分をヘッジするためには米ドル売り、円買いの為替取引が必要になります(米国債券へ投資するためにすでに米ドルは買っていることになるため、同額の米ドルを売る必要があるためです)

ここで、例えば米国の短期金利が3%、日本の短期金利が1%だとすると、米ドル売り、円買いをすると、-3%+1%=-2%がヘッジコストとしてリターンから引かれることになります。

つまり、短期金利の比較を行い、高金利の国に投資しその為替をヘッジすると金利差分のコストが発生するということです。

逆に自国の短期金利の方が高ければヘッジプレミアムといってプラスの利回りが得られます
(念のため補足すると、為替ヘッジありのファンドを購入すると、上記で述べた為替の反対売買がファンドの中で行われています。ですので自分で反対売買をする必要はありません)

さて、大分前置きが長くなりましたが、私は現在外国債券(為替ヘッジあり)に投資しておらず、過去も投資を行っていません

理由はざっくりですが、リーマンショック前と後で2つに分かれます。

・リーマンショック前の時期
日本より外国債券の長期金利の方が高い状態が続いていたため、一見魅力的に見えましたが、上記で申し上げたように外国債券を為替ヘッジ付きで買うとヘッジコストがかかります。

2000年代中盤の頃は外国の短期金利が高く、日本は低かったためかなりのヘッジコストがかかる状態でした。

このヘッジコストが外国債券の利回りのかなりの部分を食いつぶしてしまう状態であったため、投資は行いませんでした。

・リーマンショック後の時期
趨勢としては世界的に金利が下がり、金利狙いの投資妙味が薄れた時代でした。

しかしながら各国の金融緩和策により短期金利が日本並みに下がってきたため、ヘッジコストがほとんどかからない点は魅力的でした

それでもインデックスレベルで2%程度の利回りでは投資する意欲が沸きませんでした。

このようにこれまで外国債券(為替ヘッジあり)に投資してこなかったわけですが、その背後にあるロジックは時期により異なるものでした。

そもそも外国債券は投資のコアの資産ではないため、よほど確信度の高いときでないと投資を行うつもりはありません

ヘッジコストという観点からは、今度米国の短期金利の動向(いつ利上げするのか)が重要になりますので静かに見守っていきたいと思います。

↓ランキング参加中です。参考になりましたら応援(クリック)お願いします!
=>今何位?【株ブログランキング】
=>今何位?【金融投資ブログランキング】
=>今何位?【FC2人気ブログランキング】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA