お金持ちになる3つのパターン

お金持ち一口にお金持ちといっても様々なパターンが存在します。

事業で成功した、代々資産家の家柄、宝くじが当たった・・・など。

ここでは「お金持ちの教科書」という本より、お金持ちになる3つのパターンをご紹介します。

お金持ちになる3つのパターン(お金持ちの教科書)

ザ・日本のお金持ち「土地持ち」

  • 日本で資産家とよばれる人々の多くは、先祖から土地を引き継いだ人々
  • たくさん土地をもっていると、売却したり運用したりすることで収益を得られるので、可処分所得が大きくなる
  • あまり肉体を酷使せず多くのお金を稼げるので、雰囲気は余裕たっぷり

商売成功成金パターン

  • 商売を立ち上げ、成功した人によく見られるお金持ちパターン
  • 数もそこそこ多く、行動も目立つので結構身近な存在
  • 稼いだ分はすぐ使うので、実際にばらまいている額は大きい
  • 全身ブランド物に高級車というタイプが多い
  • 商売には波があるので、あるときは羽振りがよくても、あるときはお金がなくなってしまう

庶民からの出世魚、小銭貯め込みパターン

  • 日本特有のせこい感じのお金持ち
  • 公務員や大企業などの安定した職業についていて、親から自宅を相続し、貯金をしていくうちに資産家になってしまったパターン
  • 実態はサラリーマンなので、人間的には面白みのないまじめな人が多い
  • お金を派手に使うこともない。自家用車も国産車が中心
  • 銀行と国を異常に信頼しており、個人向け国債の最大のお客さん
  • 住居用の不動産に対して強い信仰心があり、普段はほとんど消費しないのに、息子夫婦のマンションの頭金はポンと出したりする

所感

こうしてみると、やはり土地持ちは強いという印象を受けます。

上記の3パターンの中でも一番優雅な暮らしをしているイメージを受けます。

なお、本書によれば、年収1000万のサラリーマンはお金持ちではなく、あくまで資産の多さがお金持ちの決め手となるとのことです(フローよりストックを重視)

また、上記のようなお金持ちになるには運の要素がかなり必要ですが、小金持ち(お金持ちまではいかないけど裕福な人)になるには夫婦共働きが必要とも述べられています。

残念ながら投資によるお金持ちというパターンは述べられていませんが、絶対数としては少ないということなのでしょうか。

個人的には夢を見るという意味でもこのパターンもあっていいのではないかと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA