新興国債券・株式の期待リターンはどの程度か

時系列グラフこれまでの期待リターンシリーズの続きです。今回は新興国株式・債券の期待リターンを算出します。

新興国債券・株式の期待リターン

新興国資産の期待リターンを推定するのは他の資産に比べ少し難しいところがあります。

というのは、ここ数十年で新興国は大きく構造が変化したため、過去のデータを参照することがあまり適切ではなくなってしまったからです。

90年代は新興国は総じて脆弱でしたが(アジア通貨危機という大きな危機もありました)、2000年代の大きな経済成長により、各国とも以前と比べて驚くほど健全な体質になりました。

経済成長とともに財政収支は改善し、外貨準備金も潤沢になり、1人当たりGDPも大きく増えました。

特に財政収支に関しては今ではむしろ先進国より優等生です。

そのため、新興国の期待リターンを考える際には、過去のデータを参考程度に留め、現在の状況をより重視していきたいと思います。

新興国債券(ドル建て)

新興国債券には現地通貨建てとドル建ての2種類がありますが、為替が統一されていてわかりやすいため、ドル建ての新興国債券について考えます(新興国債券の種類についてはこちらをどうぞ)

かつては新興国債券の利回りは軽く10%を超える時期もありましたが、新興国の成長・健全化とともに利回りは下がってきています(言い方を変えると、脆弱性によるプレミアムが剥離してきています)

リーマンショック後の超金融緩和時代においては、利回りを追い求める動きが強く、一時期5%を下回るまで低下しましたが、足元では6%程度の利回りとなっています。

過去20年程を振り返ると6%という利回りはかなり低い水準ですが、現在の新興国の状況を踏まえると、それほど違和感のある数字ではありません。

そのため、この利回り6%をそのまま期待リターンとして使用します。

ただし、外貨建ての債券になるため、為替の調整項が発生し、

期待リターン=利回り6%+為替調整項-1%=5%

を新興国債券の期待リターンとします。

(為替の調整項についてはこちらをご参照ください)

新興国株式

期待リターン=新興国債券の期待リターン+リスクプレミアム

から求めます。

新興国債券の期待リターンは上述の5%、債券に対する株式のリスクプレミアムはこれまでと同様に3.5%とします。

ゆえに、

期待リターン=新興国債券の期待リターン5%+リスクプレミアム3.5%=8.5%

となります。

期待リターンまとめ

  期待リターン
短期金利(国内) 1.0%
国内債券 1.5%
国内株式 5.0%
短期金利(外国) 2.0%
外国債券 2.5%
外国株式 6.0%
J-REIT 5.0%
外国REIT 6.0%
新興国債券 5.0%
新興国株式 8.5%

これまで算出してきた各資産の期待リターンに新興国を追加しました。

いわずもがなですが、全資産で新興国株式の期待リターンが最も高くなっています。

また、新興国債券は国内株式、J-REIT並みの期待リターンとなっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA