新興国債券(ドル建て・為替ヘッジ)はミドルリスク・ミドルリターンの商品

a0027_002900

現在、SMTシリーズやFunds-iシリーズから購入できる新興国債券(ドル建て・為替ヘッジあり)の商品性について掘り下げ、この商品がミドルリスク・ミドルリターンであることをご紹介します。

各金融商品のリスクプロファイル

よくファイナンシャルプランナーなどが、金融商品の説明をするとき、

ハイリスク・ハイリターン:株式

ミドルリスク・ミドルリターン:REIT

ローリスク・ローリターン:債券

という記述をよく見ます。

しかしながら、この区分けは正しくありません。

まず、REITはミドルリスク・ミドルリターンの商品ではありません。株式と同様にハイリスク・ハイリターンが正解です。

REITは株式より利回りが高い商品なので、ミドルリスク・ミドルリターンというラベリングがされていると想像しますが、実際の過去のリスク・リターンで見るとほぼ株式と同様になります。

REITのリスクが株式並みに高いのはキャピタル部分が大きく変化するためであり、利回りの高さはリスクとは関係がありません。

新興国債券(ドル建て、為替ヘッジ)はミドルリスク・ミドルリターン

少し話が逸れましたが、ではミドルリスク・ミドルリターンの金融商品は何かというと、まさに新興国債券(ドル建て、為替ヘッジ)が該当します

以前のエントリーのおさらいですが、新興国債券(ドル建て)はドルベースで発行された債券のため、ドル円の為替リスクをとることになります。

しかしながら、この新興国債券(ドル建て、為替ヘッジ)はその名の通り為替ヘッジがされているため、為替リスクはない商品になります。

そのため、価格変動要因は新興国の債券部分となります(そのほかにヘッジコストもかかります。詳細は以前のエントリーを参照)

新興国債券を為替ヘッジなしで買うと、為替リスクが大きいのでかなり全体のリスクが高くなりますが、この商品の場合、為替リスクが消されているため、ミドルリスク・ミドルリターンの商品へと姿を変えたわけです。

事実確認として、過去5年間のリスク・リターンの各商品のプロットを見てみます(ソースはFunds-iのページ)

risk_return2

上の図で、オレンジのが株式、青いがREIT、緑のが債券、四角いが新興国債券(ドル建て、為替ヘッジ)となります(各丸の内訳はFunds-iのページでご確認ください)

これを見てもわかる通り、REITは株式並みのリスク・リターンとなっており、新興国債券(ドル建て、為替ヘッジ)こそがミドルリスク・ミドルリターンとなっていることがわかります。(ちなみに一番リスクの低い緑の丸が日本債券です)

ということで結論:

ハイリスク・ハイリターン:株式、REIT

ミドルリスク・ミドルリターン:新興国債券(ドル建て、為替ヘッジ)

ローリスク・ローリターン:日本債券

ただこの区分けだと、ミドルリスクの部分の説明がややこしくて大変ですね(そして商品性もエキゾチックです)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA