コモディティへの投資について

charlotte-the-queen-city_19-137573

三菱UFJ国際投信のeMaxisシリーズからコモディティインデックスというインデックスファンドが販売されていますが、私は投資対象外としています。

理由は以下の2つです。


①2重にコストがかかる
当ファンドはコモディティ連動型ETFに投資する形となっているため、ETFのコストとファンド側でのコスト両方がかかってきます

そのため、信託報酬は0.882%とインデックスファンドにしてはやや高めとなっています。


②リスクプレミアムが存在しない

こちらの理由の方が主なのですが、コモディティというアセットクラスはそれ自体が収益を生むものではありません

例えば企業の株式を保有していれば利益が払い出されますが、小麦を保有していてもそれ自体は何の価値も生みません。

もちろん物価上昇リスクをヘッジするために保有するという考え方は一理あると思いますが、私の場合それ自体が価値を生まないもの、言い換えればリスクをとることによるプレミアムが明確でないものには投資しないことにしています。

(※注)先物カーブの形状によってはプレミアムが発生する場合もありますが、マニアックな話なのでここでは割愛させていただきます。

ただし、当ファンドの中身を見ると、エネルギーや穀物、金属といった主要品目にバランスよく投資しているようなので、コモディティへの投資を行いたい方にはいいファンドなのではないかと思います。

↓ランキング参加中です。応援(クリック)お願いします!
=>今何位?【人気ブログランキング】
=>今何位?【金融投資ブログランキング】
=>今何位?【株ブログランキング】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA