カンボジアの高金利預金はお得か

a0070_000068

少し前にカンボジアの預金が流行ったことがありました。

魅力はドル建てで預金でき、しかも定期預金にすると5%や6%といった高金利が得られるということでした。

(※注)ネットで調べたところ現在も行われているようです。

このカンボジアのドル建て高金利預金はお得なのでしょうか。ちょっと考えてみます。

カンボジアの高金利預金の特徴

魅力

この預金の魅力は、

・信用力の低いカンボジアリエルではなく、信用力の高いドル建てで預金できる

・信用力が高いドル建てにも関わらず、高金利(5%~6%程度)が得られる

という点です。

リスク

しかしながら、魅力があれば、もちろんその逆のリスクもあるわけです。

簡単に挙げると、

・カンボジアの銀行に預けるため、銀行が破綻したら預金は戻ってこない(当然ペイオフ対象外です)

カンボジアという新興国にも入らない国の、1つの銀行の信用リスクを負うことになる

・高金利を得るには、1年や2年といった定期預金にする必要がある

⇒流動性の問題が生じる(引き出したいときに引き出せない

・手続きが面倒(カンボジアの銀行の口座を開設したりする手間がかかる)

などでしょうか。

高金利の背景

こうした風変わりな投資(預金)を考える際には、なぜこのような金融商品が存在するかその背景を押さえるとすっきりしてきます。

まず、なぜカンボジアの銀行はドルという信用力の高い通貨での預金を集めるのでしょうか。

これは裏を返すと、そもそもカンボジアリエルという信用力の低い通貨では、お金を預けてくれる人がいないからと考えられます。

また、定期預金かつ高金利にするのは、預金をすぐに引き出されたくないため、その対価として高金利を支払っているということになります(預金者からすると、流動性を犠牲にする代わりに、高金利を得ることになります)

既にドル建ての高金利債券は存在する

そもそも様々な新興国はその信用力の低さを補うため、ドル建てで債券を発行しています(詳しくはこれまでのエントリーをご参照ください)

そしてこの新興国のドル建ての債券をインデックス化し、そのインデックスに追随するように設計されたインデックスファンドが既に存在します(Funds-iやSMTシリーズですね)

このファンドの現在の利回りはざっくり6%程度です。ここからコストを引いても5%程度でしょう。

また、様々な新興国の債券をひとまとめにしているため、信用リスクは存在しますが、各国のリスクは分散されています。

購入の際は、証券口座をお持ちの方であれば、クリック数回で済みます(もちろん為替の両替などは必要なく、解約の際もクリック数回で済みます)

ただし、債券への投資のため、預金とは異なり価格変動リスクは存在します。

このファンドと先ほどのカンボジアの預金を比べた場合、はたしてどちらが魅力的でしょうか。

個々人の趣味嗜好にもよると思われますが、私なら迷わず前者を選びます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA